ガウドメニア > 進撃の巨人 3期8話 > 進撃の巨人 3期8話 第45話 感想 超大型巨人が小さく話

進撃の巨人 3期8話 第45話 感想 超大型巨人が小さく話

公開日:

今回の進撃の巨人 3期8話のアニメ情報

≡サブタイトル≡
第45話「オルブド区外壁」
≡サブタイトル読み方≡
だい45わ「オルブドくがいへき」
≡冒頭あらすじ≡
ヒストリアはロッドに逆らい、エレンを連れて礼拝堂から脱出しようとする。すると、床にこぼれた薬品を体内に取り入れたロッドが巨人化してしまった。その衝撃で飛ばされるヒストリアと拘束されたままだったエレンを、駆けつけた調査兵団の仲間たちが救う。そうしている間にもロッド巨人の体は形成されていき、その大きさは超大型巨人をも超えるものとなった。仲間が危機に直面したとき、エレンは再び自分を信じることを選択する。
≡スタッフ≡
脚本:小林靖子
絵コンテ:森田宏幸
演出:浅見松雄・東亮祐作画監督:みうらたけひろ・田中正晃

進撃の巨人 3期8話 第45話「オルブド区外壁」の動画を見る


進撃の巨人 3期8話の最近の動画




アニメタイトル一覧(更新順)